WindowsXPのサービス終了に伴う対策の1つです。
マイクロソフト社のWindowsXPサポート終了のアナウンス「Windows XP および、Office 2003 のサポート終了についてのご案内」もご覧ください。

知っていていただきたいのは、
WindowsXPは2014年4月9日以降は使わないでください。
理由は、マイクロソフト社のセキュリティ対策が無くなるからです。

セキュリティ対策が無い
⇒ネットに接続をするとウイルスにやられ被害者になる
⇒ウイルスにかかった状態では、加害者になる

つまり、インターネット接続(とメールのやりとり)をしてはいけません。

と言うことで以下を提案します。

現在のWindowsXP環境にLinuxと言うフリーOSを別に組み込み、WindowsXPと共用利用をしませんか?と言うことです。

これは、
・WindowsXPの環境で仕事(WordやEXCELを利用)をし、
・ネット環境等は、Linuxでする という暫定の対策です。

環境作りは以下の通りです。

1.日本語版Ubuntuを入手ページから、入手し、CD-Rに保存する
  →[日本語 Remix イメージのダウンロード]クリック
  →2017年4月までサポートしているUbuntu 12.04.1をダウンロードします
   12.04.2移行は、CDに保存ができないサイズになっているそうです
2.まず、パソコン内ハードディスクにダウンロードをし、そのファイルをダブルクリックするとCD-Rに保存するように流れができると思います。
  →CD-Rに保存する
3.LibuxをインストールしたいパソコンのBIOSと言うのを変更をし、CDが入っていたらCDにて起動するようにします。
4.Ubuntu Libux起動用CDを入れたままパソコンを起動(再起動)させるとUbuntuが起動します。
5.その後は、インストールをなさってください。

Ubuntu Libuxについて参考にしたサイト
Windows XPマシンにUbuntuをインストールして4年間使い続けて 今後もUbuntuを使い続ける10の理由
端末の起動方法
Ubuntu 12.04をインストールした直後に行う設定 & インストールするソフト

WindowsXPサポート終了について参考にしたサイト
いよいよあと4カ月! Windows XPサポート終了に備えよ
【Windows XP、Office 2003 サポート終了まであと 6 日】あらためて、「使い続けるリスク」のまとめ